神奈川県相模原・横浜・川崎での屋根修理・雨漏り修理は、首都圏屋根工房にお任せください!

神奈川県での屋根修理・雨漏り修理・葺き替え・葺き直し・カバー工法
メールでのお問い合わせは24時間受付中
お電話でのご相談・お問い合わせは0800-222-7730

瓦屋根は自分でチェックできる?

瓦屋根は自分でチェックできる?

日本瓦はここ日本において古くから愛用されている屋根材です。
高温で焼き上げて作られた陶器であるため、非常に固く耐久性があり、色褪せもほとんと起こらないため屋根材として非常に優れた素材と言えるでしょう。

しかし、瓦自体はいくら丈夫であっても、瓦の下に敷いてある防水シートや下地、さらには瓦の隙間を埋めている漆喰は寿命が20年程度です。
雨漏りが起こった際、瓦が原因ではなくそういった別の箇所に原因があるケースも実は多いのです。

では、瓦が問題ないかチェックをするにはどうすれば良いのでしょうか?
もちろん実際に屋根に登って直接瓦を見るのが確実ですが、ここでは一般の方でも簡単に行える瓦のチェック方法をご紹介します。

瓦の破損の有無

まず一番簡単でわかりやすいのが、瓦自体に割れやヒビ、欠けてしまっている部分がないかチェックしましょう。
また、瓦にコケが付着している場合、その周辺に水が溜まっている=うまく排水できていないという可能性があります。

瓦は非常に固いため、日常において自然に破損することはそうそうありません。
ただし、台風や地震などの自然災害の後には破損が起こってしまう可能性があります。
日常生活の中でのみでなく、特に自然災害の後には注意深くチェックしてみましょう。

仮にヒビが見つかったとして、「小さいしまだ大丈夫」と油断しないでください
そこから周辺に徐々に悪影響を及ぼし、最終的には全体にまで被害が広がる恐れもあります。
傷が小さい内からの早め早めの処置が、後の大きな雨漏り被害を防ぐことに繋がります。

瓦のスレの有無

瓦屋根は一見すると瓦が綺麗に並び頑丈そうですが、瓦一枚一枚は意外と不安定です。
そのため、自分で屋根を修理しようと瓦屋根に登ったら、瓦が外れてそのまま転倒したという事例すらあります。

上述のように日常生活においてはそうそうズレたりはしませんが、自然災害の後にはズレが起こっている可能性があります。
瓦がズレてしまうとその箇所は雨に対して無防備となり、そこから雨漏りが発生するリスクが高まります

屋根を確認し、瓦がズレ無く綺麗に並んでいるか確認しましょう
仮にズレていたとしても、周囲に問題が無ければズレを直すだけで元通りになります。

漆喰崩れの有無

瓦と瓦の隙間を埋めるために漆喰は使用されます。
屋根の上や建物の周囲でその漆喰のカケラを発見した場合、漆喰の経年劣化が進み崩れている恐れがあります。

隙間を埋めるための漆喰が崩れているということは、当然瓦の隙間が空いているということになり、雨漏りの原因にもなりかねません。
屋根の上、そして建物周辺をぐるっと見回し、見慣れないコンクリート片が落ちていないか確認しましょう。

棟瓦が歪んでいないか

屋根の頂上部分を支えている瓦を棟瓦と呼びます。
この棟瓦が真っ直ぐ綺麗に並んでいないと、時間の経過と共に歪みが広がり、最悪の場合では瓦が崩れます
棟瓦を確認する際は、上記の漆喰崩れも起こっていないか同時に確認しましょう。

お見積もり無料!お気軽にお問い合わせください!

施工中などで電話に出れない場合は、お手数ですがメッセージをお残しください。
折返しご連絡させて頂きます。

内容を確認させて頂き、2営業日以内にご連絡させて頂きます。
相談・質問だけでも構いません、お気軽にお問い合わせください。


© 2019  首都圏屋根工房 All Rights Reserved.