神奈川県相模原・横浜・川崎での屋根修理・雨漏り修理は、首都圏屋根工房にお任せください!

神奈川県での屋根修理・雨漏り修理・葺き替え・葺き直し・カバー工法
メールでのお問い合わせは24時間受付中
お電話でのご相談・お問い合わせは0800-222-7730

屋根の葺き替え工事とは?

屋根の葺き替え工事とは?

屋根修理にはいくつかの施工方法がありますが、「屋根の葺き替え」はその中でも最も屋根の機能効果が高い施工方法です。
屋根修理・雨漏り修理を検討される方がまず思いつく施工であり、かつ最もおすすめな工法ではありますが、費用が高額になりやすいという特徴もあります。
ご自身のお住まいの屋根の状況に応じて、葺き替えを選ぶか他の工法を選ぶか判断するようにしましょう。

ここでは、屋根の葺き替えについて具体的な施工方法やメリット・デメリットなどをご紹介します。

屋根の葺き替えとは

「屋根の葺き替え」とは、簡単に言ってしまえば、「屋根を構成する全ての建材を新調する工法」です。
つまり、屋根全体が一気に新築のような状態になるのです。

ちなみに、「葺く」という言葉はあまり耳馴染みが無いと思いますが、「屋根を覆う」という意味です。
葺き替えというのは、「屋根を覆うもの全てを取り替える」ということですね。

他の工法である「カバー工法」では、既存の屋根材の上から新しい屋根材を被せます。
また、葺き替えとよく比較される「葺き直し」では、下地材や防水シートは新調しますが表面の屋根材は交換しません。

それに対し「葺き替え」は、表面の屋根材はもちろん、下地材や防水シートといった屋根を構成する全てを新調します。
なので、屋根全体が新品に生まれ変わるイメージですね。
そのため、屋根の葺き替え工事は全ての屋根工事の中で最も機能回復の効果が高いと言われるのです。

また、屋根修理のタイミングに合わせて、耐震性の向上を目的として、重い瓦屋根から軽量な屋根材へと変更する葺き替えも人気の工事です。

葺き替えのメリット

屋根というのは、大切なお住まいを雨風や紫外線といった自然環境から24時間365日守ってくれている、非常に大切な箇所です。
お住まいに降った雨を屋根が守り適切に排水してくれ、太陽光・紫外線から守ってくれているからこそ、お住まいは何十年にも渡り建っていられるのです。

上記でもご紹介しましたが、葺き替えは屋根の機能が新品の状態へ戻ります。
それはつまり、お住まいそのものを守る機能が回復するという意味なのです。
そのため、屋根の機能が回復する=建物の寿命が延びることに繋がります。

屋根には寿命があり、一度建ててしまえばその後何もしなくて良いという訳ではありません。
経年劣化によりいつかは必ず寿命を迎え、その機能を失います。

以下は各屋根材ごとの耐用年数です。
瓦屋根:50年
金属屋根:20年
スレート屋根:30年

耐用年数を迎えた屋根は葺き替えを行い、その機能を復活させてあげる必要があると言えるでしょう。

また、上記でもご紹介しましたが、近年では耐震性の向上を目的とした葺き替えが人気です。
屋根材の中でも、瓦は非常に耐久性が高く日本では全国どこでも目にすることの出来る定番の屋根材ですが、非常に重いという欠点があります。

屋根材が重いと屋根全体の重量が増してしまい、建物全体の重心が高くなります。
建物の重心が高いということは、地震が発生した際に揺れが大きくなってしまうのです。
一方、屋根材が軽いと建物全体の重心が下がり、揺れに対して強くなるのです。

そのため、地震が多発している近年では、重たい瓦屋根から軽量な金属屋根などへの葺き替えが人気です。
ご自身のお住まいが瓦屋根の場合、葺き替えのタイミングを迎えた段階で一度検討されてみても良いですね。

葺き替えのデメリット

良いこと尽くめの葺き替えですが、唯一にして最大のデメリットは、費用が高額になることです。

葺き替え以外の工法では、既存の屋根材はそのまま利用しますが、葺き替えは全てを新調するので新しい屋根材が必要となります。
また、既存の屋根材の撤去費用、処分代も必要となるため、どうしても費用が増えてしまうのです。

これは一部の屋根材に限ったことですが(2004年以前に建てられたカラーベスト・コロニアル屋根や粘土瓦以外の瓦、セメント瓦など)、屋根材にアスベストが含まれている場合があります。
その場合は、アスベスト含有処分費用としてさらに費用が高額になリます。

また、葺き替えは最も大掛かりな屋根工事となるため、工期が最も長くなります

葺き替えは工事費用が最も高額になるとお伝えしましたが、たしかに一度の工事で考えればその通りです。
しかし、今後のメンテナンスなどを考慮すると、中途半端な屋根修理を行い何度も修理を繰り返すより、一度の葺き替えで全てを新調した方が結果的に安かったというケースも多いです。
葺き替えを行うかどうかは、屋根修理業者と相談し、適切なタイミングで行うようにしましょう。

お見積もり無料!お気軽にお問い合わせください!

施工中などで電話に出れない場合は、お手数ですがメッセージをお残しください。
折返しご連絡させて頂きます。

内容を確認させて頂き、2営業日以内にご連絡させて頂きます。
相談・質問だけでも構いません、お気軽にお問い合わせください。


© 2019  首都圏屋根工房 All Rights Reserved.