神奈川県相模原・横浜・川崎での屋根修理・雨漏り修理は、首都圏屋根工房にお任せください!

神奈川県での屋根修理・雨漏り修理・葺き替え・葺き直し・カバー工法
メールでのお問い合わせは24時間受付中
お電話でのご相談・お問い合わせは0800-222-7730

火災保険で屋根修理ができるの?

火災保険で屋根修理ができるの?

台風や強風で屋根が被害を受け、修理を行わなければならない時、「修理費用はいくらになるんだろう」と気にされる方も多いかと思います。
その際、どこかで「火災保険を使って屋根修理ができる」というのを目にした事はありませんか?

たしかに一定の条件を満たせば、火災保険で屋根修理を行うことができます。
しかし、無条件に保険が適用されるのではなく、一定の条件があります

ここでは、火災保険を使って屋根修理ができるのかどうか、そしてその実例をご紹介します。

火災保険で屋根修理ができる条件とは?

屋根の修理にかかる費用は、その修理内容によって大きく変わってきます。

一軒家にお住いの方なら必ず加入しているのが「火災保険」です。
最近では、マンションに入居する際でも火災保険への加入が義務付けられる場合があるくらい、近年火災保険が重要視されています。
火災保険は、火災や落雷・風災などで生じた、一戸建てやマンションなどの“建物”と、建物の中にある家具などの“動産”を補償する保険商品です。

この火災保険には、基本補償に「風災・雪災・ひょう災」が含まれているものが多いです。
そのため、台風や春一番・木枯らし・突風などで屋根が破損した場合、保険会社に自然災害による被害と認められれば、屋根修理に保険が適用され、実質0円で屋根修理を行う事ができます
気をつけなればならないのは、この「自然災害による被害」という点で、経年劣化による破損などには保険は適用されないので注意が必要です。

火災保険が適応される屋根の状態と条件

・雨漏り
・連板金の浮き
・クギやビスなどの浮き
・屋根材のズレや割れ
・漆喰の崩れ
・雨どいの破損

これらの屋根の状態は、特に風災に認められやすい屋根の被害状況です。
この中でも、連板金は強風が吹くと浮きやすいため、風災と認められやすくなります。

また、これらの屋根の状態で風災だと鑑定会社に認められ、さらに以下のような条件をクリアしていれば、火災保険で屋根修理をすることができます。

・屋根修理が必要になって3年以内であること
・屋根修理に費用が20万円以上であること
・あなた自身が保険申請を行うこと

火災保険で屋根修理を行う際の注意点

屋根修理は高額な修理費用がかかるため、火災保険を使って屋根修理ができるのであれば助かりますよね。
しかし、火災保険で屋根修理を行うには、次の点に注意してください。

・業者の「火災保険で無料で屋根修理が行える」という言葉を信じない
・経年劣化は火災保険の対象外

屋根修理業者が「火災保険で無料で屋根修理ができる」といったことを言っても信じてはいけません。
火災保険が適応されるかどうかは、第三者機関である会社のアジャスターが現地調査を行い判断します。
ですので、現地調査も行っていない段階で、屋根修理業者が「絶対に」「無料で」と断定できる理由は無いのです。

お見積もり無料!お気軽にお問い合わせください!

施工中などで電話に出れない場合は、お手数ですがメッセージをお残しください。
折返しご連絡させて頂きます。

内容を確認させて頂き、2営業日以内にご連絡させて頂きます。
相談・質問だけでも構いません、お気軽にお問い合わせください。


© 2019  首都圏屋根工房 All Rights Reserved.